柴田勝二教授が舞臺腳本コンクール2020で準グランプリを受賞

2020.05.07

柴田勝二教授(大學院國際日本學研究院、専門分野:日本近代文學、演劇)の戯曲『めぐりあう時』が、舞臺腳本コンクール2020(シナリオ?センター主催)で準グランプリを受賞しました。
柴田教授は、本學では日本近代文學を主として擔當していますが、學生へ演劇に関する指導を継続的に行ってきました。今回の作品も、過去に本學の放送劇サークルのために書いた腳本を、舞臺劇として全面的に書き直した作品です。

授賞式は、新型コロナウイルス感染癥拡大のため中止されましたが、シナリオ?センター発行の雑誌『月刊シナリオ教室 5月號』に受賞のことばが掲載されています。

PAGE TOP
亚洲精品国产免费无码